pixta_1637814_S.jpg
看護師の単発バイトにはたくさんの種類があるのですが、クリニックでの単発バイトもあります。
クリニックと言うと、パート看護師が多いイメージがありますが、スタッフが不足しているクリニックも多く、例えばスタッフが産休に入る・長期間休職する時などに単発バイトの募集があります。
単発バイトのメリットは、人間関係に悩むケースが少ない・高給である・自分のペースや希望のシフトで働けるなどです。
デメリットは、常に募集がない事・仕事に慣れるまでに時間がかかる事などです。
クリニックの場合は、正看よりも准看の方が圧倒的に多いので、看護技術よりもドクターの診察の介助や患者の誘導などが主な仕事になります。
クリニックの場合は、敢えて正看よりも准看を採用するケースが多いです。
正看でも准看と給料が変わらないケースもあります。
クリニックでの仕事は、各クリニックによって多いな違いがありますね。
仕事内容から看護記録の方法までまるで違います。
新しいクリニックだと、すべてパソコンで管理されていて、看護師もパソコンが出来る事が求められる事が多いです。
内科のクリニックなら、レントゲンや採血などの仕事があります。
外科系なら簡単な処置や点滴などもあります。
循環器なら心電図をとりますし、リハビリ科ならPTやOTに交じってリハビリの介助をしたりします。
クリニックでの単発バイトは求人数が少なく、常に募集があるわけではありません。
自分のペースで仕事がある時だけ働きたいと言う方は、看護師求人サイトに登録しておくと、求人がある時に優先的に紹介してくれますし、面接や履歴書の送付などの手配もしてくれるので安心ですよ。