8b790913559baff3df6ea09a9b9ceb26.jpg
健診バイトは沢山の業務があります。
いくつかのパートに分かれて業務に当たります。
いくつかのパートの中には、診察の介助業務、採血業務、バイタルチェック業務、問診業務、検査業務などがあります。
健診バイトは午前に1件、午後に1件と言うように巡回しますが、だいたい1日の受け持つパートは同じですね。
採血のパートならその日は1日採血のパートのみを行います。
採血のパートを選ぶ方が少ないので、希望すれば採血パートになりますよ。
私はいつも採血パートを希望しています。
採血が得意だからと言う訳ではなくて、淡々とこなせるので私には向いていると思います。
健診バイトは多くが小中学校の健康診断に健診車で巡回する仕事です。
沢山の子供たちの健診をお手伝いする業務です。
採血パートでは、数人の看護師に分かれてそれぞれが採血を行います。
目の前には子供たちの長蛇の列・・・。
午前だけで数十人の採血をするのが日常茶飯事です。
子供の採血って大人より難しいです。
低学年の子供は特に、緊張して動いてしまう子、泣いてしまう子、動いてしまう子など・・・。
血管も細いし、なかなか採血をする方としては難易度が高いです。
でも、ほぼ毎日業務に入っていると自然と慣れてしまいます。
私も最初は採血パートになった時は、正直他のパートにしてほしい!と思いました。
採血に苦手意識がある方は抵抗がありますよね。
私もブランクが長いので採血は無理だと思ってました。
でも、4月から健診バイトが決まってからは、事前にバイトナースが集まって事前研修があるんです。
この事前研修は健診センターが主催するもので、健診業務に出る前に健診業務についての講義や、看護技術の復習を行います。
その時に採血の実演があるんですよ。
2人でペアになって実際に採血の練習をします。
2日間の研修の中で採血の練習はみっちりと出来ましたよ!
この事前研修がなければ採血の苦手意識は高いままだったと思います。
ブランクが長くて採血が不安・・・と言う方は、事前研修がしっかりとしている求人に応募した方が安心ですよ(^_-)
復職支援セミナーは最近増えてきていますが、あくまでも復職の意思がある方や、実際に就業が決まった方が対象なので注意が必要です!(^^)!