pixta_5275659_S.jpg
献血ルームの看護師バイト求人です。
献血ルームは、日本赤十字社が運営しています。
全国各地に支部があり、愛知県内だけでも「愛知県赤十字血液センター」「栄献血ルーム」「金山献血ルーム」「豊田献血ルーム」「刈谷献血ルーム」「岡崎献血ルーム」「献血ルーム タワーズ20」「大須万松寺献血ルーム」があります。
献血ルームは日本赤十字社が運営しているので、そこで働く社員は準公務員となります。
福利厚生や給与の面でとても恵まれています。
そのため献血ルームでの看護師求人はとても人気があります。
献血ナースの職場は、献血ルーム以外にも、献血バスがあります。
献血バスは駅前やイベント会場などを回ります。
献血ナースの仕事は、採血が中心ですが、それに加えて成分採血装置操作と機械の管理があります。
全血の献血や成分の献血によって手技が異なります。
まずは、血型や感染症を確認するための一般的な採血をします。
その後、問診、バイタルチェック、医師の診断を受けえ献血の可否をチェックします。
時折、血液比重が低かったり、生理直後の女性や、貧血傾向のある方は献血不可となる事があります。
献血は、定期的に来てくださる方が多いのですが、初めての献血の方は、とても不安で緊張し血管が締まっていて採血や献血がしにくい方が多いです。
緊張をほぐし、スムーズに採血・献血出来るようにするのも看護師の大切な役割です。
若い男性の方でも緊張が強くて血管が締まり、駆血帯を巻いてもさっぱり血管が見えなくなる方がいます。
時間を置いて、暖かい飲み物を進めたり、手を挙上させたり、マッサージをすると出てきます。
病棟での採血よりハードルが高いのが献血です。
献血針は病棟では見かけないような太さですし、血管漏れをしたら大きなトラブルになるので細心の注意が必要です。
私が献血ルームの看護師を希望したのは、勤務時間や曜日の都合が着きやすいという事と、職場が安定している事が理由ですね。
私はバイトなので、週に2〜3日の勤務で、時給は1400円です。
正直、もっと時給の高いバイトも沢山ありますが、献血ナースの仕事は慣れてしまえば単調な業務ですし、残業も少ないので満足しています。
献血の針や手技、独特の雰囲気に慣れるまでに少し時間がかかるかもしれません。
病棟や外来と違い、来ていただいている方は「お客様」なので、サービスが重視されます。
事前の研修で、言葉使いや態度、声かけの仕方などを勉強するので、しっかりと覚えた方が良いですよ!
常連の方になると、看護師の手技や態度に口出ししてくる方もいるし、看護師を指名でお願いしてくる方もいますからね。
(愛知県 献血ルームバイト 37歳)