pixta_8363722_S.jpg
夜勤専従常勤をしています。
新卒で入った大学病院で3年目までは日勤もありの常勤でしたが、4年目からは夜勤専従常勤に変更しました。
大学病院は給料も高いし、特に給料アップが目的だったワケではありません。
夜勤専従常勤を選んだのは、夜勤の方が好きだからと言う単純な理由です。
私は循環器病棟の勤務ですが、日中はかなりハードです。
オペも多いですし、緊急入院や急変の嵐です・・・。
夜勤はそれに比べると楽ですね。
急変などがあれば大変ですけど、日勤の忙しさに比べたら大した事はありません。
夜勤のみの仕事は日中の時間がたっぷり取れるのも私には嬉しい所です。
夜勤入りは16時まで、夜勤明けは9時からオフなので、平日の昼間でもショッピングや温泉に行っていますよ。
夜勤専従常勤になってからは、日勤のみのスタッフとはほとんど交流がなくなりました。
日中はいないから、病棟会や勉強会にもなかなか出る機会がありません。
大学病院の夜勤は、朝の検査はものすごい量です!
月曜日の朝は本当に地獄です・・・。
ほぼ全員の患者さんが採血ありなんですよ。
ラウンドしながら採血に回りますが、眠気ピークの時に採血をするのは結構大変ですよね。
金曜日と土曜日の夜勤入りが一番楽です。
日曜日の夜勤入りは月曜日の朝の検査が多すぎるので、ちょっと避けたいですね。
夜勤専従常勤の場合は、たいていは忙しいと分かっている曜日にシフトを入れられます。
週末の夜勤は暇だから、楽な夜勤が誰だった良いですよね。
でも、夜勤専従常勤の場合はシフトの希望が出せないので、週末の夜勤を選べません。
オペが多い平日の夜勤ばかりです。
ウチの病院は月に11回まで夜勤をしてもOKとなっています。
それ以上は病院から禁止されているので、どんなに多くても月に11回の夜勤が限度です。