夜勤専従の仕事は、病院だけではなくて、介護施設でも需要があります。

介護施設というと、24時間看護師が対応しているのは老健だけだと思っている方が多いんですが、最近では、老人ホームでも24時間体制のところが増えています。

老人ホームというのは、基礎疾患はもっていても、基本的に元気な方が利用しています。

その為、老健などの他の介護施設に比べると、医療行為があまり必要ではないんです。

寝当直が条件の求人も探すことができます。

看護師の仕事というのは、傷などのちょっとした処置や服薬の管理が主です。

老人ホームを利用しているのは高齢者ばかりですから、急変が起こる事もあります。

でも、施設内には医療設備が整っていませんから、応急処置をした上で、病院に救急搬送しています。(^_^)

老人ホームの夜勤は、看護師が1人しかいませんから、急変が起きた時には、迅速かつ的確な判断が必要になります。

でも、介護士も一緒に働いていますから、協力してもらう事ができます。

老人ホームの夜勤専従は、たとえブランクがあっても、基本的な看護師の知識があって、利用者を観察する事ができれば、問題なく仕事に入る事ができます。

それに、たとえ高齢者ばかりだと言っても、病院のように頻繁に急変が起こる訳ではありませんから、落ち着いて仕事をする事ができます。(^_–)

ただ、業務内容が楽な分、病院に比べると給料面は劣ってしまいます。

寝当直もあるぐらいですから、楽な業務の方がブランク看護師にはおすすめです。

でも、無理して病院のような高度な医療技術を必要とする職場で働くよりも、たとえ給料が低くても、ブランクのある看護師は、働きやすい職場を選ぶ事が大切です。

老人ホームのような介護施設の夜勤専従であれば、数年間のブランクがあったとしても、スムーズに仕事をする事ができます。(*^_^*)