バイトにはいろいろな求人がありますが、給料が高くて効率良く稼げる事で、夜勤の単発バイトの人気が高まっています。

看護師の中には、夜勤を避ける方が多く、夜勤ができる看護師を確保する目的もあって、多くの夜勤の単発派遣の仕事を見つける事ができます。

一般的に、夜勤の仕事というと、子育てをしている方にとっては難しい、というイメージが強いのではないでしょうか?

実際に、出産を期に、日勤のみの働き方に変えたり、夜勤がないクリニックに転職する方も沢山います。

でも、夜勤の勤務というのは、子育てをしている方にとって働きやすい方法でもあります。

2交代制の病院の場合は、夜勤の勤務時間というのは、一般的に16時から翌朝の9時となっています。

夜間や深夜というのは、子供が寝ている時間なので、子供が寝ている時間に働いて、子供が起きている日中の時間帯は、子供と一緒に過ごす事ができます。

ただ、そこで問題になるのが、夜勤をしている時の子供の預け先です。

子供の面倒をみてくれる家族が近くにいる、という環境であれば、安心して夜勤をする事ができますが、核家族化の現在は、そのような環境の方は少ないという現状です。

でも、最近は、24時間対応してくれる院内保育園が完備されている病院が増えているので、小さな子供を育てていても、安心して夜勤の仕事ができます。

院内保育園は、食事や着替えなど、子供のお世話を全て行ってくれますし、院内にあるので、子供に何かあった場合には、すぐに駆けつける事ができます。

中には、病児保育も行っている保育園もあるので、ママさんナースにとっては有難い環境です。

夜勤の仕事は、夜勤だけという同じ時間帯に働くので、身体が慣れてしまえば生活リズムが崩れるという心配がありません。

そして、日勤勤務をしているよりも子供と一緒に過ごす時間が増える、というメリットがあります。

ただ、あまりにもハードな職場では、休憩や仮眠が充分に取れないので、夜勤明けにはぐったりしてしまいますから注意が必要です。

事前に職場環境を確認して、余裕を持って働ける職場を選ぶ事が大切です。