副業をする場合には、本業に支障がでないように、自分の都合に合わせて仕事が入れられる、シフトが完全自由の職場を選ぶことが大切です。

介護施設の夜勤バイトなら、シフト完全自由の求人が多いし、医療行為が少ないので、ストレスを溜めずに働けます。

急募の求人も多くて効率良く働けるので、副業には人気の職場です。

ただ、施設の種類によって業務内容が異なる為、事前に確認しておくことをお勧めします。

老健というのは、積極的な治療の必要はないけれども、在宅復帰するのは困難な状態の高齢者が入所しているところです。

その為、介護の必要性が高く、日常生活の援助が必要な方がほとんどです。

ただ、医療ケアも行っていますから、他の施設に比べると看護師が多く配置されています。

介護施設というのは、一般的に夜勤の看護師配置は1人ですが、老健の場合は2人の看護師が配置されています。

ですから、休憩や仮眠をしっかりと取ることができます。

老健は、ほとんどの施設が看護師不足に悩まされていますから、急募の求人が多く、すぐに働きたいという方にはお勧めです。

有料老人ホームというのは、施設によって、看護師が24時間常駐しているところと、オンコール体制を取っているところがあります。

看護師が24時間常駐している有料老人ホームというのは、スタッフの人数に余裕があるところが多いという特徴があります。

ただ、基本的には夜勤の看護師配置は1人なので、何か起きた時には判断力が必要となりますし、責任も大きくなります。

しかし、夜勤バイトの業務に入る前に、急変時の対応などの研修を行っているところもあるので、夜勤単発バイトが未経験の方は、そのような職場を選ぶことをお勧めします。

介護施設の夜勤バイトは、医療期間に比べると給料相場が安いのですが、看護師不足を解消する目的もあり、最近は、高給の求人も増えています。

日給3〜4万円といったところもありますから、介護施設であっても満足できる給料アップが可能です。