救急外来には、大きく分けて、2種類の職場があります。

それは、総合病院の中にある救急センターと、効率の救急医療センターです。

総合病院の中にある救急センターでは、24時間、365日患者さんの搬送があります。

公立の救急医療センターの場合は、平日は決められた時間、そして、土日祝日は、24時間、365日患者の搬送がある、といった感じです。

このように、公立の救急センターでは、一般の病院の外来が開いている時間は、診療をしていないので、基本的に夜勤の仕事が主になります。

救急外来の看護師求人は、比較的多く見かけるようですね。

家庭を持っている看護師さんなどは、夜勤の仕事をするのが難しい事も、求人が多い理由の一つかもしれませんね。

救急外来での夜勤バイトの場合、都合に合わせていろいろなパターンの働き方ができるんです。

センターによって多少は異なりますが、週に1回からOKもありますし、1日3、4時間でOKの職場もあります。

救急センターでは、その名の通り、救命措置をする慌ただしい職場です。

医療行為も多く、看護師としての質が問われる職場だと思います。

ドクターの指示を予測しながら医療機器や薬剤の準備をし、患者さんの容態も観察している必要がありますから、機転が利く方でないと難しいかもしれません。

最近では2交代制の病院が増えているんですが、その場合、夜勤の勤務時間は、16時間になります。

たとえ休憩や仮眠を取る事が出来るとしても、16時間労働は厳しいものがあります。

16時間労働に自信がない、という方にとっては、救急センターのバイトはピッタリかもしれません。

救急センターのバイトは、勤務時間を調整する事ができるので、働きやるいと思いますよ。