pixta_2284119_S.jpg
お正月や大みそかは誰でも働いていたくないですよね。
家族や恋人と一緒に過ごしたいという方が大半でしょう。
でも、それだからこそ、特別な手当てが付くのが年末・年始のバイトです。
年末・年始とは言っても病院は患者さんがいる限り休むことができません。
病院としては、どうしても看護師の手が必要なので、いつもより時給を高くしたとしてもなんとか働いてくれる人を確保しようと思うわけです。
大みそかから元旦にかけては、病院にもよりますが、時給が1.5倍~2倍と高くなります。
独身の方は、この期間に沢山仕事を入れて大幅に給料アップをする方も少なくありません。
家庭のある方や、ママさんナースはそんな時に働く人はいないと思うかもしれませんが、意外にもそんなことはありません。
例えば、大みそかから元旦にかけての夜勤なら子供や家族が寝ている間に仕事をして、元旦を一緒に過ごす時間にする人もいます。
こういう働き方ができるので夜勤がある看護師はとっては、お得に感じます。
仕事量は、いつもと比べてどうかというと実は、楽です。
例えば、入院患者もお正月や大みそかだけは、家で過ごさせてやりたいという家族が多く、ベットを見渡せばあいているベットが多数あります。
普段は、病院にまかっせきりの家族もさすがにこの時期は自宅で・・・という罪悪感からもしれません。
けっこうな重病の患者も家に変えるんですよ。
時間的な問題さえ解決できれば、年末・年始というのは患者の数も減りますし、手当ももらえるとういう事でオススメです。