3b969dcd61f4a21c5fafa22a500aec10_s.jpg
救急外来での看護師求人は多く見かけますね。
救急外来には、総合病院の中にある救急センターと、公立の救急医療センターがあります。
総合病院にある救急センターでは、24時間、365日患者の搬送がありますが、公立の救急医療センターでは、平日は18~19時から朝の8~9時頃まで、土日祝は24時間で365日患者の搬送があります。
公立のセンターは、基本的には個人病院やその他の外来が空いている時間は診療していませんから、夜勤での仕事が主になります。
公立の救急医療センターでは、夜勤バイトの比率が高く、常勤の看護師は少ないですね。
夜勤バイトの場合は、各センターによって違いますが、週に1回~OKの所や、1日3~4時間でOKなど、都合に合わせて色々なパターンの働き方が出来ます。
救急センターでは、1次~3次救命までありますが、3次救命の仕事が一番大変で、一番看護師としての室が問われますね。
医療行為も多いですし、次に起きる事やドクターの指示を予想して、薬剤や医療機器の準備をしながら、患者の様態観察などもしなくてはなりませんから、機転のきく方でないと務まりません。
公立の救急センターの場合は、重症度の高い患者は他院に転院になりますし、大きなオペは行いませんから、3次救命に比べると慌ただしさや雰囲気は違いますね。
夜勤バイトの場合は、2交代制の病院が多いのですが、16時間労働には自信がないというかたは、救急医療センターの場合は勤務時間の調整が出来ますし、深夜から朝までの勤務も可能なので働きやすいと思いますよ。
(30代 救急センターバイト)