pixta_6470827_S.jpg
私は、有料老人ホームで看護師として働いています。
私の職場は、老健ですので様々な職種の方が働いています。
介護士はもちろんの事、理学療法士、作業療法士、栄養士、歯科衛生士など様々な職種の方がいます。
とくに、関わりが深いのはやはり介護士ですね。
常に、一緒に働いていますから関係は良好に保てることがベストだと思います。
だいぶ前は、介護士と看護師の間に溝があり、何かと衝突していたと聞きます。
しかし、今は非常に関係も良く、お互いに意見を尊重し、どちらかに偏ることなく仕事が出来ています。
看護師だから介護士より偉いとか、介護施設だから介護士が偉いとか、そんな考え方があるうちは、お互いに意見を譲る事がないのかもしれません。
しかし、お互いの意見を尊重し合うことが出来ると、生活の面、医療の面、両方からの最善の策を出すことが出来ますよね。
ですから、私の職場ではどちらかの意見だけではなく、必ず各課に確認し、お互いの意見をすり合わせることしています。
また有料老人ホームの業務の中でも、人が足りない時や忙しい時は、お互いの業務のフォローに入るなど、そういった日頃の助け合いの中から信頼関係も生まれます。
信頼関係があると、ご利用者様の小さな異変も遠慮することなく伝えてくれますので、早期発見にもつながります。
私は、ご利用者様の一番身近にいる介護士の意見は必ず尊重したいと思っています。
小さな変化でも見逃さずに報告してもらえると、その後の急変などを予測することも出来ます。
看護師と介護士の関係が良好だと、仕事もスムーズですし、ご利用者様へのより良いケアにつなげることも出来ますね。
違う職種だからこそ、お互いの専門的な知識をフルに活用し、最良の施設を作り上げるとともに、職種間の垣根なくし、より良い人間関係を築く事で働きやすい職場作りにもつながりますね。