結婚、子育てで、10年近いブランクがある私は、病院への復帰は不安が大きいなぁって思いました( ;´Д`)

ブランクが長くても、ディサービスなどの介護施設であれば、医療行為も少ないということで、ディサービスで働くことにしたのです^_^

ディサービスは、在宅で過ごされる高齢者の方々が入浴などを目的に利用されます。

自宅にこもりっきりの利用者さんにとって、ディサービスは良いコミュニケーションの場にもなっている様ですね(-_^)

看護師の仕事は、本当に楽なものでした^_^

朝にバイタル測定を行い、入浴可能か判断します。

入浴後の簡単な傷の処置や、褥瘡処置なども行います。

経管栄養の管理や、ストーマのパウチ交換など、処置的な事がメインです(´・Д・)」

しかし、在宅で過ごされていて健康な方が対象なので、それほど処置も多くないですね。

あとは、内服管理。

持参された薬に変更はないか確認し、利用者さんに間違えることのないよう内服介助します^_^

たまに、急変する利用者さんなどがいますから、体調不良時の応急処置なども行います。

基本的に、主治医がいますから、ケアマネを通し家族や主治医に連絡をしてもらい、指示を受けます_φ(・_・

ディサービスで医療行為を行う事はありませんので、その場で看護師が何かするということは、ほとんどありませんね(;^_^A

ですから、ディサービスでの看護師の仕事ってそれほどないのです。

あとは、利用者さんにお茶を出したり、会話をしたり、食事介助や、トイレ介助…そういった仕事をします。

施設によっては、看護師が居づらいような雰囲気のところもあります( ;´Д`)

介護士と看護師は、職種が違う事から、敵対されたい、仲間はずれのような感じを受けることもありますね(-。-;

中には非常に和気あいあいとしている職場もありますが…。

ただ、やはり看護師の仕事を長く勤めてきた人にとっては、物足りなさを感じたり、介護士との意思疎通に不満を持ったりすることもありますね(ー ー;

なんとなく、雑用的な事が多かったり、こき使われている感じを受けてしまいがち…(・_・;

介護施設で働くからには、病院のようにはいかない事を念頭におき、働いた方が無難ですねf^_^;