イベントナースは、1日限りの単発の仕事がメインです。

自分の都合がいい時に仕事を入れられる事もあって、給料アップの為にダブルワークとして働いている方が沢山います。

その他、子育てや家族の介護などをしていて、常勤で働くが難しいという方にも人気がある仕事です。

イベントナースは、コンサートやフェスティバル、スポーツ大会などが行われる時に、救護室に待機している仕事で、病棟勤務とは業務内容も異なります。

看護師は、救護室で対応できる処置しか行いませんから、高度な医療技術や知識を強いられる事がありません。

救護室で対応できない症状の場合には、病院に搬送となるので、精神的な負担が少なく働けます。

それに、病院のように一日中患者さんが訪れるわけではないので、気持ちに余裕を持って働けるというところも魅力です。

業務内容が楽だという事もあり、ブランクがある看護師もスムーズに仕事に入れるので、多くのブランク看護師が活躍しています。

年間を通していろいろなイベントが行われていますが、スポーツ系のイベントというのは、ケガをする方のリスクが高い傾向があり、特にハードなスポーツイベントの場合は、看護師の出番が多くなるかもしれません。

それに比べると、コンサートのイベントナースは、他のイベントに比べると業務内容が楽です。

早い時間からファンが屋外に並んでいるので、夏場のコンサートの場合は、熱中症になる方が少なくありません。

そのような状況も考えて、看護師は、コンサートが始まる時間よりも早い時間から、救護室に待機しています。

でも、クーリングをして少し横になっていれば症状が回復するケースがほとんどなので、経験が浅い方でも安心です。

イベントナースのような単発の仕事は、ハローワークやナースバンクでは扱っていません。

看護師派遣会社に登録をすれば、希望に合ったイベントナースの仕事を紹介してもらう事ができます。

イベントナースは、いろいろな人との出会いもある、楽しみながら働ける仕事です。