私は、看護師の資格を取ってから、総合病院の急性期病棟に勤務していました。

その職場では、看護師にも高度な知識や技術が強いられるところで、スキルアップを目指している方にとってはお勧めの現場でした。

ただ、業務内容がとてもハードで、休みも取りにくいといった環境だったので、働いているスタッフのほとんどは独身でした。

私も、出産をした時に退職をしました。

現在は、育児と仕事を無理なく両立させる為に、単発のイベントナースの仕事をしています。

イベントナースは、1日単位の仕事も多くて業務内容が楽なので、気軽に申し込むことができます。

高度な技術や資格も必要ないので、経験が浅い方やブランクが長い方も沢山活躍しています。

私は、いくつかのイベントナースの仕事を経験しましたが、その中でもお勧めの仕事を紹介します。

一つ目は、コンサートやイベント会場での仕事です。

これは、会場の救護室に待機していて、ケガや具合が悪くなった方のケアをする仕事です。

コンサート会場の場合、コンサート自体を見ることはできませんが、演奏を近くで聞くことができます。

会場の盛り上がった雰囲気を実感することができますし、運が良ければ、タレントさんを見ることもできます。

二つ目は、スポーツ大会やテーマパークでの仕事です。

夏場のスポーツ大会やテーマパークは、熱中症で救護室に運ばれてくるケースが多いのですが、ほとんどの方は、横になって水分補給やクーリングをすれば改善します。

それに、近くに救急車が待機しているので、重症の場合はすぐに病院に搬送となるので安心です。

3つ目は、ショッピングモールでの仕事です。

多くのショッピング施設では、連休には何かしらのイベントを行っています。

その時に、救護室で待機している仕事です。

この仕事は、急病人が出ることはほとんどなく、他のイベントナースの仕事に比べると、業務内容がかなり楽です。

この他にも、様々な現場でイベントナースの求人があります。

看護師求人サイトに登録すれば、いろいろな仕事を紹介してもらうことができます。