イベントナースというのは、お祭りやコンサート、スポーツ大会などのイベント事がある時に、救護室に待機して、体調を崩した方やケガをした方のケアをする仕事です。

大規模なイベントの場合には、複数名の看護師が救護に当たる場合もあります。

イベントの中でも、スポーツ大会などの場合はケガをするリスクが高いので、救護室を訪れる方の人数も多いという傾向があります。

しかし、どのようなイベントでも、イベントナースが行うのは、救護室で対応できるような応急処置のみです。

看護師はドクターではありませんから、できる医療行為が限られていますし、救護室の処置のみで対応出来ない場合や、医療機関の診断が必要な状態の場合は、病院に搬送となります。

イベントナースは、コンサート会場での仕事もあります。

好きなアイドルやアーティストのコンサートであれば、仕事をしながらコンサートも楽しめる、と思っている方もいるかもしれませんが、看護師は常に救護室に待機しているので、コンサートを見るという事はできませせん。

ただ、その場の熱気は伝わってきますし、状況によっては、アイドルやアーティストと話す事ができるかもしれません。

屋内で開催されるコンサートに比べると、患者さんが増えるのが、屋外で開催される夏フェスなどのイベントです。

真夏の炎天下で長時間過ごしているので、熱中症になる方が多く、そのような状況にスムーズに対応できるように、救護室では準備をしています。

クーリングや水分補給をして涼しい所で休んでいれば、ほとんどの場合は状態が改善しますが、症状が改善されなかったり重い場合は、病院に搬送します。

大規模なイベントの場合は、近くに救急車が待機しているので、イレギュラーな事態がおきた時にも、安心して対応ができます。

イベントナースの仕事というのは非公開求人が多く、看護師派遣会社に登録しないと見つける事ができません。

多くの情報を得る為には、イベントナースのような単発バイトに強みがある求人サイトに登録する事をお勧めします。